綺麗な肌

二重じゃないからと諦めないで奥二重を生かすメイク

美容と腸内環境の相互関係

いつまで経っても肌荒れやニキビが治らない。いくら良い化粧水を使ってもあまり効果を感じない。そのような声を多々耳にします。なぜ毎日入念なスキンケアをしているのに一向に良くならないのでしょうか。
それは肌トラブルの原因を根本的に突き止めていないからだと思います。つまり顔のみえる箇所のみでしかケアを行っていないからです。
従ってそのような肌トラブルの原因の多くは身体の中にあると言っても過言じゃないでしょう。例えば現代の人々は食べ過ぎの傾向があり、腸内の負担が大きいと言われています。腸内の負担が大きいと効率よく栄養を摂取することができません。そして上手く吸収出来ずに腸内の中に溜まっていった物は毒となります。当然毒は身体に良くないので身体はなんとかしてその毒を出そうとします。その結果顔の毛穴からその毒が出て肌荒れやニキビに繋がるのです。
つまり身体の中の腸内環境を改善することが根本的な肌トラブルの改善に効果的で効率的だと思います。
では腸内環境をどのように改善していけば良いでしょうか。まず第一に食べる量を相対的に減らすことで腸内の負担を軽くする方法です。
また水を意識的に多く飲むようにする。水は身体をデトックスする効果があります。さらに運動を定期的にすることで毒を一箇所に溜まらないようにすることなどがあります。
これを続けることで腸内環境が改善され、結果的に肌荒れやニキビを治すのに繋がると思います。

TOP