綺麗な肌

二重じゃないからと諦めないで奥二重を生かすメイク

奥二重を生かすメイク

女性

私は奥二重です。
目尻のあたりだけ二重の線が見えている状態です。

二重にするためにアイプチやメザイクなどをやってみたりもしましたが、不器用な上まぶたが重いので上手く二重になりません…。
そうしているうちに二重のために躍起になる自分にちょっと疲れてしまいました。
あと、やりすぎるとまぶたの皮膚が伸びて余計目が小さくなる(しかも戻らない)と聞いたので怖くて出来なくなりました。
それに、奥二重でも綺麗な人って多いんですよね。
だから最近は奥二重を生かすメイクをしようと考えています。

まず、アイライナーは茶色よりも黒が良いです。
黒の方が目が大きく見えるイメージですが、黒は引き締め効果のある色です。
なので、使い方によっては余計目が小さく見えてしまうんですよね。
最近はナチュラルメイクが流行りなのであまりやってる人はいないと思いますが、黒リキッドで囲み目などは絶対辞めたほうがいいです。

アイラインは細く引くのがコツです。
黒目の上だけ少し太くするとナチュラルに目が大きく見えます。
また、目尻を少しだけ長く引くと目の横幅を広げることが可能です。
下アイラインは私は引きません。
その代わり、キラキラしたベージュのアイシャドーなどで明るくしておきます。

アイシャドーは自分に合った色を使うと良いと思います。
ピンクは腫れぼったくなると言いますが、私の場合何色を使ってもあまり変わらないので、好きな色を使っています。
ただ、パレットの中間色をあまり濃く塗ると変になるので、ブラシでふんわりとのせるようにします。

つけまつげは、束になっているものは辞めたほうがいいです。
ふさふさしたナチュラルなロングタイプがオススメです。
また、目尻のみつけまつげをつけるのもアリです。

一口に奥二重といっても様々なので、私のメイク方法が合わないという方も多いと思うのでそこだけ注意してください。
二重じゃないからと諦めないでメイクを楽しみたいですね!

手を美しく保つための方法

最近はマニキュアも色々なカラーがあり、自宅でも簡単に自分でアレンジできるようになってきました。その時につい忘れがちなのが、手の甲などのケアでしょう。ネイルサロンなどに行く場合はネイリストの目もありますから、もう少し意識的にケアしたりすることもあるでしょうが、自宅でマニキュアとなると、ついつい仕事や家事にかまけて手がガサガサ、せっかくのマニキュアも台無し、なんてことがありませんか?
手を美しく保つためには、家事などをしないのが一番といいますが、そんなわけにはもちろん行きません。ではどうしたら手にダメージを与えず、うるおいを保つ事ができるのでしょうか。
家事をする場合にはビニール手袋を活用し、手が水に触れないようにすることが第一です。特に冬場は水に濡れた手が荒れてしまい、マニキュアどころでない・・・なんて事もありますよね。できるだけ水に触れないよう、ビニール手袋をマストで使用するようにしましょう。これだけでかなり手荒れを防ぎます。まず第一に手荒れをしないようにする、というのが鉄則です。
続いて、ハンドクリームなどを利用し、うるおいを常に加えていく事です。いろいろなクリームが販売されていますが、手の保湿を保つ尿素入りなども好ましいです。値段もまちまちですが、頻繁にクリームの分量を多めに塗ってマッサージしてあげましょう。それにより、手にしわができる事を防ぐことができます。
そして日差しが強い季節になってきたら、顔だけでなく手にも日焼け止めクリームを塗って上げましょう。紫外線の肌への影響はみなさんよく御存じだと思いますが、日焼け止めを塗る事により、手の肌が受けるダメージを少なくしてあげましょう。
顔のしわやシミなどに気を配る人でも、ついつい手のケアはおろそかになりがちです。きちんとケアをして、マニキュアにふさわしいてをキープしていきたいものですね。

オススメリンク

ボトックス心斎橋で探すなら:サクラアズクリニックのボトックスが評判が良いですよ。

TOP